真実への扉

生きる理由。この世の真実。神、仏の存在を1人でも多く知って頂き、この地獄のような世界から天国への切符を手にして頂きたい。自身の経験と霊的書物で知った事を分かりやすく説明したいと思っています。

苦しみ、悲しみの真実②

 

苦しみ、悲しみ、不幸が起きる原因はもう1つあります。

それは、貴方が間違えた方向に行ってる時や、もっと貴方を成長させる為に、やも得ず不幸を与えている場合があります。

どうしても納得のいかない時や、どう考えても罰が当たるような事はしていないと思うことがあるでしょう。

でも今現在は、不運だ、不幸だと思ってることでも数ヶ月、数年経ってみると、

あの時は何故と思ったけどこれで良かった。

あの不幸があったから今の自分がある。

あの苦しみがなければ、こうなっていなかった。

みたいな感じの出来事がよくあります。

貴方をもっと成長させる為、正しい道へ歩ませる為に起きている出来事です。

強い信仰心やキリスト、仏教を信じる人であれば、神、仏が、きっと自分の為にしているんだと思えるでしょうが、信仰心がなければ厳しい現実かもしれません。が、自分を信じて良い方向に考え現実を受け止めていただきたいです。

きっと、すべて自分の為に起きているんだと...

決して投げやりな気持ちになったり、ずっと落ち込んではいけません。

すべては自分が成長する為に、もっといい生活ができる為に起きている出来事なのです。人間は成長する為に、進化する為に生きているのですから。

この世の法則。宇宙の法則です。

 

少し長くなりますが僕の例をあげましょう。

25才位から仕事も順調で事業も成功して、贅沢三昧で私利私欲のままの生活をしてました。ところが37才の時にリーマンショックで大赤字、地獄に落とされたように生活は逆転、借金地獄に陥りました。何故、こんなことに!自殺も考えました。が、数年後に本当にあんなことがあって良かったと思えました。

出来事からの3年後、父が他界しました。

贅沢な暮らしをし、実家にも寄り付かずの生活でしたが不運な出来事の後には何かと実家に顔を出すようになり、父との子供の時のような思い出を3年間だけでしたが作れることができました。それだけでも幸せですが、人の為に生きる喜びを得ることもでき以前より本当に幸せだと思えます。贅沢な暮らしはできませんけどね。

 

お寺に通うようになったのも不運からなんです。今現在、札幌の新栄寺と真如院という2箇所のお寺に通ってますが新栄寺は、その事件のどん底の時に仕事で使っていた車が急に故障して、もうあかん、直す金もねーよ。と朦朧として、気が付けば新栄寺に来ていました。真如院のほうは10年以上、事故など起こしてなかったですが厄年にタクシーに激突。流石に、厄払いというものをしたことなかったけど行ってみるかと思いネットで調べて、ここだと思い真如院へ。不動明王は信じていましたが寺に行くことはなかった僕ですが、このことが機で寺に通うようになり、現在の僕がいます。2箇所のお寺とも僕には行かないといけない所だったと思ってます。

 

知り合いのパチンコ関係の会社の社長の話です。

以前、勤めていた会社で急にクビになってしまって、どうして俺がクビなんだ。どうして、こんな事が起きるんだと落ち込んだそうです。が、1年後その会社は不祥事が原因で急に倒産したそうです。今、思うとあの時にクビになってて良かった。あれがなければ今の自分はないよ。と言ってました。

 

このような話は、沢山あります。

一見、不運、不幸、苦しみと思われる出来事も必ず貴方の為に起きているのだと信じてください。

貴方を正しい道へ歩ませるために。

貴方をもっと成長させるために。

愛する者の死も、必ず理由があるものと思います。