真実への扉

生きる理由。この世の真実。神、仏の存在を1人でも多く知って頂き、この地獄のような世界から天国への切符を手にして頂きたい。自身の経験と霊的書物で知った事を分かりやすく説明したいと思っています。

苦しみ、悲しみの真実③

 

苦しみ、悲しみの真実。まとめです。

 

苦しみ、悲しみ、不幸、不運の原因には、道を正す為にやも得ずの場合と自分が犯した過ちが返ってきて反省させる、因果応報の2つの場合があるといいました。

2つとも我々を成長、新化させる為に起きています。

 

ここで大事なのは過ちを過ちと思っていないことがあるということです。

自分では何気ない発言でも他人には傷ついている時もあります。

上から怒鳴りちらしても他人は、すごく傷ついてます。

そして、不倫。立派な泥棒ですし、淫らな行為です。

借りたものを返さない。

親を大事にしない。

自身の成績の為に、他人を利用する。

遅い車や小さな車を煽るのをよく見ます。

煽られている人は恐怖心しかありません。

数えたらきりがありません。

自分では大したことでないと思っていても他人には、

すごく傷ついたり迷惑なものがあり、立派な過ち、罪なのです。

 

仏教では十善戒というものがあります。十悪を戒律としたものです。 

不殺生(ふせっしょう) 故意に生き物を殺さない。

不偸盗(ふちゅうとう) 他人のものを盗まない。

不邪淫(ふじゃいん) 不倫など道徳に外れた関係を持たない。

不妄語(ふもうご) 嘘をつかない。

不綺語(ふきご) 心にもない奇麗ごとをを言わない。

不悪口(ふあっく) 乱暴な言葉を使わない。

不両舌(ふりょうぜつ) 告げ口、中傷、二枚舌を慎む。

不慳貪(ふけんどん) 激しい欲をいだかない。

不瞋恚(ふしんに) 激しい怒りをださない。

不邪見(ふじゃけん) 間違った考え方をせず、正しい判断する。

 

旧約聖書モーセの十戒にも同じ様なことが示されています。

1.わたしのほかに、何ものをも神としてはならない。

2.偶像を作ってはならない。(偶像崇拝の禁止)

3.主、神の名をみだりに唱えてはならない。

4.安息日を覚えて、これを聖とせよ。

5.父と母を敬え。

6.何をも殺してはならない。

7.姦淫してはならない。(道義に反する肉体関係、不倫)

8.盗みを働いてはならない。

9.隣人について、偽証してはならない。

10.他人の物を欲しがってはならない。(他人の妻も含む)

 

これらの戒律、教えは僧侶やキリシタンに限らず一般の庶民、私たちも生活の中で守るべきものと思います。上記のことを守って生きていれば人格、魂の向上、人間としての成長をし、過ちからくる不幸もなくなり運が良い人生を過ごせます。

 

あと、不倫のことですが。男性に限らず女性も最近では、軽い気持ちで不倫をしている方がよくいます。大したことのないように思えますが、かなりの罪のようです。キリスト教では殺人と同じ位の大罪で、イスラム教では死刑になるとのことです。映画やドラマの影響もあるとはいえ、良く考えないといけないことなのでしょう。

 

そして、過ちからくる不運や不幸、苦しみは全て自分に降りかかってくるとは限りません。愛する者や子供に降りかかることもよくあります。愛する者に不幸を与えたほうが悟るのが早いだろう、という法則です。愛する者や子供が重い病気にかかったり、事故にあったり、イジメにあったりということもあるでしょう。

原因は、あなた本人だったりもします。

 

十善戒に示されたことを、ひとつひとつ守って他人の事を考え生きていれば必ずや、不運や不幸、悲しみはなくなり幸せな人生を約束されるはずです。

 

ちなみに余談になりますが。

僕は、改心する前までは大の女好きでした(汗)

昔、不倫の件で、とある住職に"こっぴどく"怒られたことがあります...

「コラ!おまえら!犬や猫でもあるまいし!」

「何、考えてんだっ!馬鹿者っ!泥棒と同じだっ!!」と...

言ってもいないのに、バレました。すごい能力です...。

あと最近では、タイプの女性に会った時、

めっちゃ、なんとかしたいわー。

めちゃ、かわいいじゃん。遊びたいわ~などと思うと、

天から「不邪淫...」と声がします。

その度に「あ~はいはい。わかりました...」

つまんねーな...と思う次第ですが、重要なんですね...。不邪淫。

失礼しました。